laser bar on heat sink

レーザーバーボンディング

著者: Martin Rogge

要約: レーザーダイオードバーは高出力の半導体素子であり、小型であっても効率的に発光する素子です。主に個体レーザーまたは、ガスレーザーの光共振器、ポンピング源として使用されます。直接的な光源の用途として、医療用デバイスや材料加工などでも利用されています。ファインテック社のダイボンディング装置は試作研究用途のみならず、製造現場に於いてのレーザーバーの製造工程で高精度の実装技術を提供します。確実な実装プロセスにより、レーザーバーをサブマウントに、サブアセンブリをヒートシンクに実装します。この技術文章はレーザーダイオードバーのアセンブリと、最適なプロセスの為の最新のソリューションについてご紹介します。

営業担当窓口 Robert Avila

Finetech USA/West Coast
+1 480 893-1630
Send an email

ユーザアカウントへのフルアクセス

アカウント作成により入手:

  • 全ての製品カタログへアクセス
  • データシートにアクセス (有効化の終了後)
  • 技術文章とホワイトペーパーへのアクセス (有効化の終了後)

今すぐダウンロード
営業担当窓口 Robert Avila

Finetech USA/West Coast
+1 480 893-1630
Send an email

ユーザアカウントへのフルアクセス

アカウント作成により入手:

  • 全ての製品カタログへアクセス
  • データシートにアクセス (有効化の終了後)
  • 技術文章とホワイトペーパーへのアクセス (有効化の終了後)

企業のメールアドレス以外は削除
弊社のITポリシーにより、登録を完了する為には、企業のメールアドレスをご使用される事をお勧めします。