高出力レーザーダイオードの自動アセンブリ

著者: Travis Scott, Tobias Gleichmann

概要: レーザ技術の発展に伴い、その応用範囲も広がっています。赤外から紫外まで、レーザーは計測や分光、光通信、光データの処理や保存、光ファイバ通信や医療機器など、あらゆる分野で利用されています。また、より高いエネルギー出力を得るために、別のレーザーを励起するためにも使用されます。

レーザーアプリケーションの需要が高いため、例えば高出力レーザーダイオードの製造などは、主流な量産プロセスとなっています。高出力レーザを大量に生産するためには、ダイボンディング装置が必要となります。その際、高精度・高再現性を維持しながら、部品のサイズや種類の大きな変化に対応しつつ、高い生産効率で完成品アセンブリを生み出すことが、ダイボンディング装置には求められます。

このテクニカルペーパーでは、高出力レーザーダイオードの全自動実装プロセスについて、典型的なプロセスパラメータ、接合要件、プロセスステップなどを交え解説しており、特にレーザーダイオード製造時に直面する典型的な課題、例えばAu80Sn20の接合品質や、接合プロセスや材料・部品自体に起因する様々な要因がもたらす影響について、ソリューションを紹介しています。

ユーザアカウントへのフルアクセス

アカウント作成により入手:

  • 全ての製品カタログへアクセス
  • データシートにアクセス (有効化の終了後)
  • 技術文章とホワイトペーパーへのアクセス (有効化の終了後)

今すぐダウンロード
営業担当窓口 Stephen McDonough

Finetech USA/East Coast
+1 603 627 8989
Send an email

ユーザアカウントへのフルアクセス

アカウント作成により入手:

  • 全ての製品カタログへアクセス
  • データシートにアクセス (有効化の終了後)
  • 技術文章とホワイトペーパーへのアクセス (有効化の終了後)

企業のメールアドレス以外は削除
弊社のITポリシーにより、登録を完了する為には、企業のメールアドレスをご使用される事をお勧めします。