研究開発プロセスから量産への効率的な移行を支えるファインテックの「試作から量産へ」アプローチとは

著者: Tobias Gleichmann

概要: 試作から量産に移行する際、研究開発設備と量産設備が大きく異るために、貴重な時間が失われ、コストが増大するという場面は、頻繁に見られる状況です。多くのプロセスでは、自動化された生産ラインに適応させるため、2回目の開発考察が必要となり、かつ、技術的柔軟性が損なわれる可能性もあります。また、高額でリスクの高い初期投資が必要になることも多く、操作エンジニアも設備の操作に関する集中的にトレーニングを受けなければなりません。
ここでファインテックの技術的エコシステムが活躍します。当社の「Prototype-to-Production(プロトタイプからプロダクションまで)」のアプローチは、開発段階で将来の自動化までのすべてのステップを考慮することを可能にし、また、技術的な柔軟性を持つ開発プロセスを量産環境に容易に移行させます。これは、相互補完システムな装置アーキテクチャ、統一されたプロセスモジュールプラットフォーム、同一のソフトウェアとオペレーションによって実現されています。
Prototype-to-Production アプローチは、比較的少ない初期投資で、迅速かつ創造的で柔軟な製品開発を可能にし、製品アイデアの効率的な実現をエレガントにサポートします。是非、本資料をダウンロードの上、その仕組みと、製品コンセプトを活用して頂き、製品の市場投入のためにできる弊社のサポートについてご確認ください。

営業担当窓口 Stephen McDonough

Finetech USA/East Coast
+1 603 627 8989
Send an email

ユーザアカウントへのフルアクセス

アカウント作成により入手:

  • 全ての製品カタログへアクセス
  • データシートにアクセス (有効化の終了後)
  • 技術文章とホワイトペーパーへのアクセス (有効化の終了後)

企業のメールアドレス以外は削除
弊社のITポリシーにより、登録を完了する為には、企業のメールアドレスをご使用される事をお勧めします。